ヒッチメンバー取付

オイラのデリカD5に遂にヒッチメンバーが付きました!
IMG_0320.jpg
じゃーん!

通常のヒッチに2本追加の3本ヒッチです!

D・M・Dさんに色々と相談に乗って頂きました!

まず重量物を積載予定なので、1本ヒッチでは心配なので、

2本ヒッチで重量物を支え、

さらに通常の牽引等も行える様に1+2の3本ヒッチに。

そして、通常は最大垂直静荷重75kg(C級)のところ、

200kg(E級)で製作して頂きました。

そして、電源ソケットの取付位置を高めに設置。

よく、ソケット部が下過ぎて地面に擦りそうな車が・・・。

そうならない様に高めに設置して頂きました。

IMG_0322.jpg

取付は至って簡単(電源の引き回し以外は・・・。)。

デリカD5はフロア下にボルト穴が最初から開いています。
P4200045.jpg

車両左側は既にこのボルト穴を使用して牽引フックが付いているので、

最初に牽引フックを取り外します。

そこにプレートやらを一式取付。

1人では各パーツが重いので(特にE級用は尚更です。)2人でやると楽です。

すべてボルトオンですので、

30分程度もあればヒッチメンバーは取付完了!!

続いて電源の引き回しです。

今回取り付けた電源ソケットはヨーロッパ7ピン

他に、ヨーロッパ13ピンやアメリカ7ピン等があります。

引っ張るトレーラー等によって電源ソケットを選択する必要があるのですが、

オイラはスウェーデンのTHULE製の商品を接続する予定があったため、

必然的にヨーロッパ7ピンに。

残念ながら、D.M.Dさんはヨーロッパ7ピンのソケットを取り扱っていないので、

このソケットは別途手配致しました。

まず、電源ソケットにケーブル(7芯)を接続。
IMG_0295.jpg
各端子の穴にケーブルを通してマイナスドライバーで閉まれば良いのですが、

スケア線(より線)のため、事前に各ケーブルの先をハンダ付け。

7本の線を全て接続致します。
IMG_0296.jpg

ちなみに、結線する色と用途はソケット等に取説が付いているかと思います。

このソケットに付いていた取説がこちら。
20150526094156-0001.jpg

ヨーロッパ7ピンの場合は、

1番・・・黄(左:方向指示灯)
2番・・・青(後退灯)
3番・・・白(アース)
4番・・・緑(右:方向指示器)
5番・・・茶(右:車幅灯)
6番・・・赤(制動停止灯)
7番・・・黒(左:車幅灯)

と決まっています。

ヨーロッパとアメリカで色番が違うのでご注意を。

こちらの結線が終了したら、電源ソケットをソケットステーに固定。

プラスドライバーでネジ3本締めれば固定完了。

続いてこのケーブルを車内に引き込むわけですが、
IMG_0297.jpg
左のランプユニットを外して上から呼び線(緑色の線)を突っ込んでみると・・・、
IMG_0298.jpg
車両下へ無事出てきました!!

これで、車外から車内へケーブルを入れることが出来ます。
IMG_0300.jpg

あとから、ねずみ色のケーブルにジャバラの被服を巻き、結束バンド(耐候性)で車両下に固定。
IMG_0306.jpg
これで、ケーブルがダラーンとしません!

続いて、各ランプとの接続。

バックランプの配線が1番面倒でした。

車内左後ろのパネルをはがします。

まず、シートベルトが固定されているボルトを外し、エイッって剥がす(笑)。

そうするとケーブルの束があるので、白に銀2本線に接続(赤いコネクター部)。
IMG_0304.jpg

IMG_0303.jpg
年式等によってはケーブルの色が違うかもしれないので、テスターで試して下さいね!

ここから単線(黒色線)のケーブルを左後方のランプユニットへ。

写真を撮り忘れましたが、車内左後ろ下部にちっちゃな物置スペースがあります。

ここと、リアランプユニットが繋がっています。

あとで、右側のケーブル通線方法を紹介するので、そちらを参考に。

この作業が終われば半分終わったも同然!

書き忘れましたが、全てのケーブルは、

左リアのランプユニット裏で接続します!

ですので、こちらへ各ケーブルを持ってきます。

続いて、右ウインカーの出力を取ります。

右のランプユニットを外し、

右のウインカーの線から分岐コネクターを使って出力を分岐。

分岐したケーブル(黄色の1本線)は写真の様にパッキンの中へ。
IMG_0308.jpg

※ねずみ色の太いケーブルはソーラーパネルの電源線なので気にしなくて良いです。

そうすると、
IMG_0307.jpg
車両内部右後方下部から出てきます!

先ほど左側の説明をしましたが同じ要領です。

この黄色いケーブルは、車両後部のフロアマットの下等を通して、

先ほどのバックランプ同様に左ランプユニットへ。

これで8割方完了。

残りは左ランプユニット内の結線です。

こちらで結線するのは、

・左ウインカー

・左車幅灯(ポジションランプ)

・ストップランプ(ブレーキ)

・アース

これらを7芯のケーブルに接続。

ちなみに、右車幅灯(ポジションランプ)は左車幅灯配線に接続。

そうすると、
IMG_0310.jpg
こんな感じでゴチャゴチャに。

デリカD5のランプユニットは上から3段になっています。

上と下がストップランプとポジションランプ。

真ん中がウインカー。

それぞれに緑色と黒色のケーブルが配線されていますが、

黒色はアース線。

緑色のケーブルがストップランプで、

緑色に白線が引いてあるケーブルがポジションランプ配線でした。

全ての結線が終了し、テスターで動作確認を終了したら、

これらのゴチャゴチャのケーブルをランプユニット下の隙間に押し込む!

で、ランプユニットを戻して完成!!


D.M.DさんのヒッチメンバーをデリカD5に付けるのは簡単な方ではないでしょうか?

外すのは、

・左右のリアランプユニット(ネジ2本のみ)

・車内左後方のパネル

・牽引フック

これだけですよ!?

物によっては、スペアタイヤやバンパーなどを外す必要があったり・・・。

とにかく、これでヒッチメンバーが使用できます!!



さ、何を積むのでしょうか?




これは次回以降へお楽しみに!

関連記事

コメント

非公開コメント