Gitzo GT5562GTS&Sachtler FSB8

ここ最近のオイラの物欲と言ったら・・・。

恐ろしいことになっちゃっています!

先日、7DmkⅡを手放したことはこのブログでお伝えしました。

で7DmkⅡが何に化けたかというと!

Sachtler FSB8
※ザハトラーって呼びます!!
PC280032.jpg

PC280033.jpg
雲台です!

まさか雲台ごときが7DmkⅡと金額がほぼ同じとは・・・。

このSachtler FSB8という雲台には2タイプが存在するのですが、

オイラが手に入れた物はスナップ&ゴー(サイドロード)と呼ばれるタイプの物。

で、こいつを手に入れるまでが時間がかかりましたよ本当に・・・。

2ヶ月以上検討しましたよ!!

雲台って色々と種類があることを最近知ったオイラ。

まず飛行機撮影にはどの雲台が向いているのかをネットで調べまくり!

すると、飛行機と鳥を撮影する手法や装備が近いことを理解しました。

そして鳥撮りに一番人気なのがこのザハトラーという雲台でした。

ちなみにこの雲台はビデオ雲台と呼ばれている物で、

カメラを固定しなくてもカウンターバランスと呼ばれる機構により、

カメラが動いたりお辞儀したりしない優れものだそうです。

値段は楽天が、

アマゾンは、

アマゾンの方が全然安いですね!

まぁこの様にいい値段するわけですよ~雲台ごときで。

じゃぁなぜこんな高い物を買ったのかというと、

多分、あとで後悔するから・・・。

それにあとで買い換えするハメになりそうだから・・・。←今までのオイラ。

カメラもレンズも結局はそうだもんなぁ~。

オイラ結局買い換えております!!

Nikon時代はF3→F100(ここまではまぁ良しとします!)

デジタルになり、D300s+D600(半年)→D7100(半年)→D300s2台体制・・・。

レンズは70-300f4.5-5.6G→サンヨン(1年)+70-200f2.8VR2

→サンヨン売ってサンニッパVR2・・・。

現canonになってからはまだマシかな?

でも24-105f4は怪しい!?

そういう反省から、考えられる一番の物を手に入れました!!

雲台についてはこのサイトを参考にさせて頂きました。

Hobby’s World


で、雲台を手にした後は三脚ですが・・・、

こいつを選ぶ際も相当悩みましたねぇ~。

で、オイラが手に入れた三脚はコチラ。

Gitzo GT5562GTS
※ジッツォって呼びます!!
PC280034.jpg

箱の中にはこの様な物が入っています。
PC280035.jpg

これらの箱の中には、
PC280051.jpg
この様な物が入っています。

で肝心な三脚は、
PC280036.jpg

PC280039.jpg

まずこのメーカーにした理由ですが、

先ほどの鳥撮りさん達の意見を参考に決めさせて頂きました!

Gitzoの三脚は剛性が優れており、最終的にはGitzoに行き着くらしいです。

ってことで今回は先ほどの雲台同様に買い換える必要のない?Gitzoに決定!

種類やサイズが豊富にラインナップされていて、

今回はザハトラーの雲台が使えるシステマティック三脚にまずは決定。

システマティック三脚は1型~5型までにサイズが分類されております。

オイラの使用用途は基地外周での撮影がメインとなります。

そのため、フェンスより高くなる三脚が必須!

そうすると2択になります。

GT4552GTS(高さ240cm)

GT5562GTS(高さ277cm)

頭の数字が4型とか5型の区別になります。

最初はGT4552GTSで十分かなぁとか思ったのですが、

鳥撮りの方々も最終的には最も剛性の高い5型を購入しているらしいので、

Gitzoで一番高さが出るGT5562GTSに決定!

実はGitzoの三脚は後で記述しますがレデューサーを使って高さを変えられます。

そういう使い方もできますので大は小を兼ねるで良かったのでは、

と自分を納得させています!!

システマティック三脚の上部にはこの様な蓋?が付いています。
PC280041.jpg

この蓋を取り替えることによりいろいろな物を付けられるようになります。

でこの蓋を外すためにこのねじを緩めてはずそうとするのですが・・・、
PC280042.jpg
外れない!

あれ?なんで外れないのってひっくり返してみたらボタンのような突起が。
PC280043.jpg

で押してみると・・・。PC280044.jpg
はい!外れましたぁ~。

で、この穴にいろいろなアダプターを挟んで雲台等を付けられるようにします。

今回は雲台が75mmボール取付タイプとなるのでコチラを購入。

Hobby’s Worldオリジナル ボールアダプターBA75-100/T5

PC280045.jpg

PC280046.jpg

Gitzoの純正のボールアダプターも販売されていて、そちらがかなり安いのですが、

色々な口コミを見ると断然Hobby’sWorldオリジナルの方が良いらしいです。

で、後悔して買い直ししたくないオイラはもちろんコッチを購入です!

先ほどの穴にボールアダプターをはめると
PC280047.jpg
こんな感じになります♪

で、FSB8を取り付けると
PC280048.jpg
完成!!

このボールアダプターがあるのと無いのでは大きな差が出ます。

三脚で水平が出せなくてもこのボール部の調整で水平出しができるように。

ボールアダプターを使わないと三脚の脚でしか水平を出せません!

この水平出しがHobby’sWorldの商品がしやすいとのことです。

Gitzo純正品を使っていないので何とも言えませんが・・・。

ま、確かに簡単に水平出しができましたが・・・、そんなもんなのでしょうか?

三脚は、この金額だと送料無料なので楽天が安いですね。




実は、今回購入した物は全部でこれだけの物が・・・。
PC280030.jpg

ってことで全部取り付けてみます!

まずはコチラのレッグウォーマー。
PC280053.jpg

裏は滑りづらい加工がしてあります。
PC280055.jpg

商品名はGC5560。
PC280054.jpg
冬に三脚を持つ時に手が冷たくならないようにとか、

肩に担ぐ時に肩に食い込んで痛くならないようにするヤツ。

取り付けるとこんな感じに。
PC280056.jpg

楽天で一番安いショップはコチラ。


送料を考えるとアマゾンの方が送料込みなので安そうですね。


続いて、先ほど記載した高さを変えられるというレデューサー。
PC280057.jpg

商品名はGS3300。

箱の中身は、
PC280058.jpg
こんな袋があり、袋のポケットには
PC280059.jpg
この様なレデューサーが3つ入っています。

ちなみにこのレデューサーは6段の三脚を3段にする物。

6段の三脚を4段にするにはGS2300という物を購入すればokです。

反対に6段の三脚を2段にするにはGS4300が必要です。

ちなみに、6段の三脚を5段にするにはGS1300という商品が該当します。

オイラは通常のアイポイントで使用できるようにGS3300を購入しました。

で、早速取り付けてみます。

3段目以降のねじ?を緩めて引っこ抜きます!
PC280060.jpg

で、外したところに購入したレデューサーを取り付けて完成。
PC280062.jpg

取り外した脚は購入時に付属されている袋に入れて保管!

が、しかし!袋に入れようとしてもサイズがギリギリ!!
PC280063.jpg

仕方が無いので三脚に付属されている脚先に取り替えます。
PC280068.jpg
左が最初から付いている物で、右が三脚に同封されていた脚先。

そうすると、
PC280069.jpg
なんとか袋に収まりました!!

もう少し袋を大きく作ってもらえると助かるんだけどなぁ~。

取り付けたレデューサーの先がこのままでは使い物になりません。
PC280064.jpg

ってことで購入したコチラを取り付けます。
PC280065.jpg
商品名はGS5030。

袋の中身はコチラ。
PC280066.jpg
ゴムの脚先が3つ。

先ほど外した三脚の脚に取り付けた脚先と大きさを比較すると、
PC280067.jpg
左が当商品で、右が付け替えたヤツ。

脚先を付けるレデューサーの大きさが違うので大きさも全然違います。

これを付けて三脚を立てると
PC280070.jpg
横向きですいません・・・。

身長177cmのオイラが使って丁度アイポイントの高さになります。

ちなみに、最初からこの状態なのがGT5332Sです。

GS2300を使って4段にするかどうか悩んだのですが、

コチラのGS3300で良かったようです!

ちなみに4段の場合はGT5432LSとほぼ同等になります。

説明の中で高さが153.5cmでアイレベルと同等と書いてありますが、

それは雲台を付けない場合です。

雲台を付けると170cm位になっちゃいます。

そこにカメラを付けるのでファインダー位置は180cm超えちゃいますので・・・。

注意が必要ですよ!!

GITZO GS3300 Gロック脚段数レデューサー

GITZO GS3300 Gロック脚段数レデューサー
価格:5,480円(税込、送料別)


アマゾンの方が送料込みなのでコチラもアマゾンが安いようです。


続いては、雲台に付けるロングプレートです。

最近のレンズは昔と比べて非常に軽くできているので、

標準のプレートだとカウンターバランスが取れないらしいです。

ということで購入したのがコチラ。
PC280071.jpg

PC280072.jpg
商品名GS5370XLC(クイックリリースプレートエクストラロング)

長さが20cmあります!

早速雲台に取付!
PC280073.jpg

PC280074.jpg

実際はこの位置くらいでの取付になりそうです(右がレンズ側)。
PC280075.jpg



やはりアマゾンの方が送料込みで安くなりますね~。



で、最後にコチラ。

三脚ケースになります。
PC280076.jpg

商品名はGC5101。
PC280077.jpg

Gitzoの三脚ケースも色々なサイズがありますが、

5型三脚とザハトラーの雲台セットで入るバッグはコチラしかないようです。

他のメーカーなら色々とあるのでしょうが・・・。

ファスナーは両方から開けられるタイプになっています。
PC280083.jpg

中にはポケットが付いています。
PC280084.jpg
オイラはこのポケットにロングプレートを入れました!

で、雲台を付けたまま三脚を入れてみます!
PC280085.jpg
無事に入りました!!

雲台側のスペースはこんな感じです。
PC280086.jpg
3段だと結構余裕がありますね~。

ちなみに、6段の正規の状態で入れましたがピッタリでしたぁ~!

バッグには保護パッドが付いているのですが、結構厚みがあります。

飛行機に預け入れしてもこのパッド厚なら大丈夫そうです。



やはりアマゾンが安い!!


ま、今回色々と紹介してきましたが何せまだ使っておりません!

さ、いつになったら使えるのかなぁ~!?

使い次第使用レビューを上げさせて頂きます!!

おそらく通常は3段での使用になるのかな?

基地へ行く時は6段に変更して使っていこうかと思います。

あとは脚立の問題をクリアせねば!!

こんなに高い三脚立てても脚立がないと届かないからね!





購入後冷静に考えてみて・・・。

いくらかかったんだぁ!!

もっと別な物買った方が良かったのでは!←心の声!!

意地でも使い倒してやるゾ!







城南島海浜公園でセッティングしたところを撮影しました。

ちなみにゴーヨン+テレコン×1.4の組み合わせです。
IMG_0635.jpg

IMG_0636.jpg

IMG_0637.jpg

IMG_0638.jpg

IMG_0639.jpg

これ位前に出さないとカウンターバランスが取れません。
IMG_0640.jpg
ロングプレートは必須です!

ロングプレートとレンズの固定はこの様に。

ロングプレート側にKIRKのクイックリリースクランプ。

レンズ側はCARRY SPEEDのプレートを使用。

KIRKのクイックリリースクランプについてはそのうち紹介します。


関連記事

コメント

非公開コメント