デリカD5 ベッド自作 その1

この車を購入して約2ヶ月。
ソーラーパネルを付けたりサブサブバッテリー(?)を付けたりしてきましたが、
やっとの思いでベッドを作成!取付が完了致しました!!
P5210050.jpg

来る静浜基地航空祭を前に無理繰り完成させました。
デリカD5に乗っている人なら何とかしてベッドを作りたい!きっとそう思うに違いありません。
なぜなら、それはサードシートの段差があまりにも大きいから!!
多分20cm位の段差があるんじゃないかなぁ・・・。
子供ならともかく、大人にはムリムリ!!
背中痛になっちゃいます。
ってことで、色々サイトを物色すると、皆さん結構作っていますね~。
ちなみに、オイラのD5は8人乗り。
実は購入する前からベッド作成プランは作っておりまして、
7人乗りだと2列目シートの間が空いてしまうからパス!
また、3列目シートも取っ払う予定があったので、
最低でも5人乗れるように迷い無く8人乗りに決めました。
で、皆さんの作ったベッドや製品化されているのを参考にすると、
後室を全て使ったベッド(セミダブルベッドサイズ)が殆どなのです。
オイラの場合、1人で使用する機会の方が多いので、1人用(セミシングルサイズ)ベッドを作り、
2人以上の場合用にセミダブルサイズに拡張できるようにしました。
8人乗りの場合、2列目シートは左側と右側でシート幅が違います。
右側シートの幅は70cm。この幅にベッドを作れば丁度いい感じになるんですよ。

1人用にこだわった理由、それは実際に車中泊した人ならわかると思いますが、
座れるようにしないと、非常に疲れるし、不便なんです!!
まず、着替え。
セミダブルサイズの場合、全面がベッドなので寝っ転がりながら着替えるしかない。
結構、疲れます。
それから、セミシングルサイズだと、空いたスペースがあるので椅子のように座ることが出来ます。
これ、結構重要!!
非常に楽ちんです。
お湯沸かして、カップラーメン食べること出来るし・・・。
この空いたスペースに折りたたみチャリや冷蔵庫置けるし・・・。
あとは、色々想像して下さい!
それから、ベッドの高さも重要です!!
ベッド下収納を重視してベッドを高くする人いますけど、
あの方法は、オイラ的にはNG。
座ったときに頭が天井に当たっちゃうんですよねぇ~。
それじゃぁやっぱり疲れちゃう。
昔、プラドにキャンピングキット載せてたんだけど、
あぐらかいたときに頭が天井に当たって、とてもじゃないけど快適とは言えなかったもんなぁ。
ってことで、2列目シートの高さに合うようにすれば大丈夫。
あとはどの部材を使うか検討。
まず、3列目シートを取っ払おう!!えい!!10分で撤去完了。
で、後室の長さを測定。
そんで足場を置くめぼしいポイントを設定。
そして、みんからをチェック!これ重要。
ふむふむ、調べてみると、みんなイレクターパイプという物を使っているらしい。
ホームセンターに売っていて、そこでカットもしてくれるのかぁ。
板を買ってきてスポンジをいれて、最後にジャンボホッチキスで留めるのかぁ。
・・・これ、面倒くさそうだなぁ。
オイラの場合、ベッドの上に布団敷くから、これはやりすぎかな・・・。
もっと簡単な方法はないか調べたら、スノコを発見!
これ簡単そう!!
ってことで、材料は
・ベッドの脚とフレームはイレクターパイプ
・ベッドの敷板はスノコ
以上に決定しました!!
ここまで決まればあとは行動のみ!
静浜基地航空祭まで時間が無いので、設計図をCADで書いてみました。
仕事でCAD使ってて、趣味に役立つとは思いもしませんでした。
これが設計図↓
イレクター設計図
インターネットでイレクターパイプの付属品等を調べながらだったので、作成に半日かかりました。
自分でイレクターパイプをカットする気は無かったので、
インターネットでしっかりパイプ長の算出を行いました。

早速、近所の○イヤルホームセンターへ買い出しです!
購入品はこちら
イレクターパイプ
・45cm×3本(カット無し)
・90cm×2本(1本は17cm×5カット、もう1本は17cm×4カット)
・120cm×1本(1本は36cm×3にカット)
・250cm×1本(49cm×2、67cm×1、76cm×1にカット)
プラスチックジョイント
・J-4×5
・J-5×1
・J-12A×1
・J-12B×3
・J-15B×1
アジャスター
・EF-1200S×9
以上、¥6,205-(税込み)
ちなみにカット代は16カットで¥829(税込み)でした。
さっそく、組立~。
あとでばらすのでボンドではとめないです。
1人用のベッドフレームがこちら
P5210059.jpg

で、2人以上がこちら
P5210056.jpg

フレームが完成したのであとは敷板を敷くだけです!

敷板の作成は次の機会に・・・。










関連記事

コメント

非公開コメント