デリカD5 ベッド自作 その2

前回まででベッドフレームは完成したので、次は敷板の作成です。
敷板の設計図はこちら↓敷板設計図
スノコの木材はSPF 1×4 という木材にしました。
理由は、安い・厚さがあるのでしっかりしている・面取りしてある・いじりやすい硬さ(?)
この材木のサイズは幅89mm×厚さ19mm。
スノコを作成する上で、設計しやすいサイズでもあるのです。
今回のスノコは左側を幅50cm、右側を70cmにしようとしていましたので、
左側は、縦900mmを1本、950mmを4本の計5本、
右側は、縦900mmを1本、950mmを6本の計7本、
と非常に考えやすいです。
また、スノコの厚みを4cm程度で想定していたので、こちらもバッチシ。
高さが合わなければ、アジャスターで調整すればOK!!
ってことで、イレクター同様に○イヤルホームセンターへ!
購入したのは、
SPF 1×4
・長さ3658mmを4本(950mm×3と700×1にカットを4セット、うち2本は900にカット)
・長さ3048mmを1本(500mm×4にカット)
・内装用木ねじ(200本位)
・ヤスリ(切り口面とり用)
以上。
こちらのホームセンターは会員カードを持っていれば10カットまで無料でカットしてくれます。
だからカット代は無料でした~。
「10カット以上じゃないの?」って思った方いるでしょう!
木材は重ねてカットできるので、今回の場合4本をセットでカットしています。
だから、4本の方は、950mm×3と700×1と2本については50mmカット×1の計5カット
1本の方は4カットですので合計9カットになるのです!!ラッキー!!
購入金額は全部で¥3,768-(税込み)。

持って帰ってきて、まずはカットした断面の面取りです。
やすりでゴシゴシゴシ・・・。
面の大きなヤスリが楽ですな。
続いて、カットされた板を設計書通りに何となく並べます。
その後きっちりと位置を揃えて、ひたすらインパクトドライバーで打ち込む!!
今回は1か所に付き2本ずつ打ち込みました。
打ち込む箇所が多いので結構時間がかかります。
仲間に手伝ってもらいながら1時間程度で完成!!

1人用ベッド(セミシングルサイズ)↓
P5210055.jpg

2人以上用ベッド(セミダブルサイズ)↓
P5210053.jpg

ベッド下収納状況↓
P5210060.jpg
3段脚立と折りたたみチェアーが2脚しっかり収まります。
一番右に見えるのはサブサブバッテリー。
こいつのおかげでサイズ選定に時間がかかりました・・・。
このサブサブバッテリーシステムについては、またの機会にアップ致します。

P5210054.jpg
2列目シートとの間隔もバッチシ!
真ん中用のシートベルトの出っ張りが邪魔!!
こいつがなければ、もっときれいに行くんだけど・・・。

P5210052.jpg
2列目シートの方が、スノコより数cm高くしてあります。
でも、シートは沈むのでこれでいいのだ!!
布団を敷いて寝れば、フラットになるはず!!
合わなければ、スノコ脚アジャスターで調整!!

とりあえず完成しました。
まだ布団を敷いて寝ていませんが、大丈夫でしょう(?)
静浜基地航空祭2014で車中泊しますので、またの機会にレビューを載せたいと思います。

ベッド制作費
トータル ¥10,802-(税込み)

税抜きなら¥10,001-。
1万円程度で何とかなる物ですね!!

延べ製作時間、2日間(購入手間含む)。
設計図作成半日。

設計図があれば、買い物手間も1回で済むので、1日で出来ると思います!
設計図は勝手に使ってもいいですよ!
是非皆さんも作ってみて下さい!!



関連記事

コメント

非公開コメント