航空祭のおすすめチェアー

航空祭の時、皆さんも様々なイスを持って行かれていると思います。

イスが有るのと無いのとでは疲れ方に雲泥の差がありますもんね!

オイラも当然のようにイスを持って行きます。

一言に「イス」といっても様々な物があります。

座っていて一番疲れないのが、よくキャンプで使われる肘おき付のやつ。

肘おきにドリンクも入れられるようになっていたりします。

折りたたみ式で、座面も背もたれも高く、ゆったりと座れます。

すぐにイスをセッティングできることも良。

何と言っても安いことがうれしいですよね。

千円程度で売っていますから。

オイラも殆どの航空祭で使用していました。

しかし、このイスにも重大な欠点が・・・。

それは、収納があまり小さくならないこと。

カメラバッグに吊り下げるにしても、横幅が長すぎます。

重量も結構あり、長く持ち運ぶと疲れます・・・。

折りたたみ自転車で行くときも長すぎてジャマ!

そして重要なことは、

機内への持ち込みができない!

長さ的に持ち込み不可なんですよねぇ~。

で、新田原航空祭前に購入したイスがこちら。
P2040015.jpg

DOPPELGANGER ウルトラライト アジャスタブルチェア
クリックするとサイトへジャンプします。


写真に写っているのは収納時です。

収納してしまうと長さ35cm程度です。

重量も1kg弱しか有りません。

P2040016.jpg
中身は座面となる布地と骨組みです。

P2040017.jpg
まず骨組みを組み立てます。

テントのポールをイメージしていただくとわかりやすいのですが、

ポールは全てゴムでつながっていて、それらをガチャッと繋げます。

30秒もかからず骨組みは完成です。

で、布地にはポールを挿すポケットが4つあるので、そちらにポールを挿します。
P2040018.jpg

で完成。
P2040019.jpg

横から見ると、
P2040020.jpg

後ろから見ると、
P2040024.jpg
こんな風に宙に浮いたような感じです。

実はこのイス、高さが3段階に変えられます。
P2040021.jpg

ポッチを押して長さを変えられます。

一番低い状態
P2040022.jpg

で、一番高い状態
P2040023.jpg

座り心地は包み込まれるような感じで非常に良いですね~。

コンパクトだから、リュックの中に仕舞うことができます。

カメラバッグならバッグの横や下に付けられますね。

P2040025.jpg
ベルトを通せる様になっています。

バッグのベルトを利用して、
P2040026.jpg
P2040027.jpg

こんな風に下に付けたり、

P2040029.jpg
こんな風に横に取り付けられます。

結構ネットでも安く売っていますね。

楽天ショップ送料込み最安店


アマゾンの方が安いですね。

送料込みでこの値段ですもんね!



しかし、良いことだらけのこいつにも欠点が・・・。

耐荷重が80kg!

オイラが乗ったら壊れちゃう!?

布地は頑丈ですが、高さ調整機能が仇となり、剛性が弱くなっている?

家で試し座りしたときは大丈夫そうでしたが、念のためオイラが座るのは遠慮します!

残念ながら、こいつは妻用になってしまいました!

で、オイラはヘリノックスを購入!

ヘリノックスについては次回紹介!!
関連記事

コメント

非公開コメント