ドライブレコーダー取付

いよいよドライブレコーダーを取り付けました!

ドライブレコーダーの取付位置は結構悩みました。

本当はあまり目立たなく付けようと思ったんだけど、

初めて付ける物なので、やっぱり画面を見たい!

ってことで、ルームミラーよりも運転席側に。

って言うのはちょっと本気!

でも実際は、助手席側に取り付けるとカメラが助手席側のワイパーで、

拭き取れない位置になっちゃうんだな、これが。

で、ルームミラー右側で、かつサンバイザーを下ろしてもぶつからない位置に。
P2100014.jpg

で、付けたのはここ!
P2100015.jpg
結構、目立っちゃってますねぇ~。

P2100016.jpg
で、配線はそのまま上に持って行き、天井との隙間に埋めていきます。

P2100017.jpg
ピラー部分も同じように隙間に埋めます。

P2100018.jpg
で、そのまま埋め続け下へ。

P2100019.jpg
ドアの横まで持ってきます。

P2100022.jpg
今回は、このカメラを後ろに付ける可能性もありますので、

電源は、シガープラグのまま取り付けます。

P2100023.jpg
受け側の電源ソケットをカーショップにて購入。

こちらの商品、ヒューズから電源が取れる物で、¥700程度でした。

アース端子も初めから付いていますので、こちらの商品を購入すればレンチのみ有れば取り付けられます。

P2100025.jpg
デリカD5のアクセサリー電源は15Aなので、こちらでOK。

というか、殆どの車のアクセサリーは15Aなのかな?

3タイプのヒューズ形状が入っており、付け替えることで3タイプの形状に対応できます。
P2100027.jpg

デリカD5の場合は中サイズのヒューズ形状で、最初から繋がっている物です。
P2100029.jpg

助手席下側の大きなポケットを取り外し、ヒューズボックスが見える状態に。

ちなみに、このポケットを取り外すにはちょっとコツが・・・。

他の人のブログ等を確認して下さい!
P2100031.jpg
左側の赤丸のヒューズがアクセサリー電源用ヒューズなので、

そちらのヒューズと今回購入した電源取り出しヒューズを取り替えます。

ヒューズには向きがあるらしいので、元々刺さっていたヒューズの文字と同じ向きに取付。

アースは右下の赤丸の箇所に接続しました。

P2100032.jpg
で、ソケットを挿す前にテスターで電極の確認。

メス側ソケットの一番深いところが+で、側面が-ならOK!

確認が取れたら、ドライブレコーダーの電源プラグを挿します!!

ちなみにドライブレコーダー側電源プラグは、一番下の車検証入れあたりから、

ヒューズボックスへ持ってくるスペースがあるのでそちらから入れます。

ランプが付き、ドライブレコーダーの録画か開始されます!!

で、動作を確認したら助手席側ポケットを戻すのですが、注意が必要!

電源ソケットを結構奥に詰め込まないと扉が閉まりきらないです!!

オイラはそのためにこの扉を付け直す羽目に・・・。

ま、扉が閉まれば完了です。

取付時間は30分程度ではないでしょうか?

とにかく、ドライブレコーダー取付位置決めに一番時間がかかりますね。



オイラのデリカD5には三菱純正のサブバッテリーが付いています。

ちょっと心配だったのが、サブバッテリー使用時にも

ドラレコが録画されてしまうんじゃ無いかってこと。

写真撮影時やコンビニ等で休憩する時はいつもエンジン切って、

サブバッテリーを使ってナビのテレビを見ています。

車中泊時に数時間サブバッテリー使用していることもあるので、

その時に録画されたら、その前に撮影した物が上書きされて消えてしまう恐れが・・・。

というか、車中泊時に撮影される物は多分真っ暗な画面・・・。

サブバッテリーからナビに電源が供給されるようになっているので、

ひょっとしてアクセサリー電源を使うとサブバッテリー使用時にも電源がまわる?

っていう心配がありましたが、このヒューズから取れば大丈夫でした!

エンジンキーを回さないとアクセサリーに電源は流れませんでした。

良かったぁ~。

今回、この接続方法をしましたが、一番簡単な接続方法は、

元からあるシガーソケットにそのままドラレコのプラグを挿すことです。

でも、三菱純正のサブバッテリーを付けている人はこの接続方法はオススメ出来ません。

なぜなら、デリカD5のシガーソケットは、

全てサブバッテリーに連動していますよ!!
関連記事

コメント

非公開コメント